• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(水曜日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

「幸せを運ぶ家」配筋検査〜配筋検査では何を見ているの?

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家を造っている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

今日は「幸せを運ぶ家」の基礎の配筋検査がJIO(日本住宅保証検査機構)の検査員によって行われました。
もちろん結果は「適合でした」

ところで皆さん、基礎の配筋検査では何を検査しているかご存知でしょうか?
実は基礎の配筋検査では、設計図書(図面)と現場が整合しているかどうかの検査をしています。
いくら耐震性が高くなる様に設計したとしても、現場での施工が設計図書通りにキチンと行われていなければ、設計の性能を発揮することができないので大切なことだからです。

違った見方をすると、基礎の配筋検査は設計図書と現場が整合しているかどうかをチェックしているだけなので、意外に思われるかもしれませんが、配筋検査が適合となっただけでは、例えば「法適合」「耐震性」「構造」などは基本的にチェックしていません。
「法適合」「耐震性」「構造」の確認はあくまでも、法適合チェックをしたり、構造の検討や構造計算をしたりと主に設計時に行われます。
(住宅性能評価の取得や長期優良住宅の認定を受ければ、審査機関などのチェックが入るので、それがある意味、設計の検査という事になります。)

最初にも書きましたが、どんなにきちんと設計しても、現場での施工が設計図書通りにキチンと行われていなければ、設計の性能を発揮することができないので、設計図書と現場の整合チェックはとても重要です。
だから配筋検査はとても大切なのですね。

いずれにせよ、配筋検査は「適合」となったので、次の工程に進むことができます。明日は基礎の底盤のコンクリートの打設をおこないます。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求