• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(水曜日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

窓は開けちゃダメ?

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家づくりをしている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

家づくりのご相談の中で「高気密高断熱住宅は窓は開けてはいけないのですか?」という質問を結構頂く事があります。
お話を伺っていると高気密高断熱住宅では窓は開ける必要が無いので「網戸はつけません」という考え方で家づくりを行っている建設会社さんもあるようですが、冬の外気温度が低いときに「窓を開けよう」と思う方はいらっしゃらないと思いますが、それ以外の季節では風を取り込みたいと思う方も多くいらっしゃると思います。

厳密的にいえば、窓は「温度」と「湿度」の観点だけで言えば、確かに開けない方が室内の温湿度を管理しやすいと思います。
外気の温度や湿度が高いときに窓を開ければ、当然、湿度や温度が室内に入り込んできてしまい、快適性を損なう事は考えられます。

窓を開ける開けないは「高気密高断熱住宅は窓を開けてはいけない」ルールで決める事ではなく、生活していく上での経験で自然に決まっていくものだと思います。
これから高気密高断熱による家づくりをしようとする方には、生活をする前に「住まい方」を理解をするのは実際には非常に難しいことです。
「やっぱり外の温度や湿度が高い時に窓を開けると不快になるし光熱費も上がるね」と思ったら、その時に決めて頂ければよいのです。

楽しく生活していくうえで、ライフスタイルやその方の価値観も大切です。
生活の価値観は温度や湿度だけではありませんし、高気密高断熱住宅暮らしは自然を遮断することではありません。

新緑の今の時期、窓を開ければ新緑のにおいがします。
夜になれば、カエルの鳴き声が聞こえてきます。

これらを感じながら生活するのも、田舎暮らしの醍醐味だと思います。

夏はもちろん気温が高く暑いですが、夏の風の香りがあります。
夕方には、窓を開ければ蜩(ひぐらし)の声が聞こえます。

窓を開けながら冷房する人はいませんから、省エネ的に全く問題はありません。

実際に生活をしてみて、どうしたらより快適になるのか、どうしたらより高熱費がかからないのか、トライアンドエラーをしながらご自分の「住まい方」を探していく事になります。
「住まい方」に関しては、斎藤からもアドバイスをさせて頂きますし、また、先輩のオーナー様もいろいろなアドバイスをしてくれます。
先ほども書きましたが「やっぱり外の温度や湿度が高い時に窓を開けると不快になるし光熱費も上がるね」と思ったら、その時にそのようにすればよいのではと思います。

夏に風を入れる生活を希望されるからこそ、建物の高い断熱性能と日射遮蔽(日射を遮る)の設計が大切です。
高気密高断熱住宅、そして、パッシブデザインは「小さなエネルギーで豊かに暮らす」ための家づくりです。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり
資格……………環境省うちエコ診断士・暮らし省エネマイスター・エネルギーエージェント・気密測定技能士・木構造マイスター準1級・2級建築士・福祉住環境コーディネーター2級・第1種情報処理技術者
メディア…….NHKおはよう日本 、栃木よみうり 

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
注文住宅の施工エリア:栃木県北部・那須塩原市・那須町・大田原市・矢板市・塩谷町・那珂川町・さくら市・高根沢町
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求