• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(第3日曜日 土日以外の祝日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

キッチンのリビング側収納を活用しよう

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家づくりをしている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

最近の家づくりでは、昔の台所のようなクローズドなキッチンがプランニングされるケースはまれで、リビングやダイニング側を向いて配置されることが多くなりました。

キッチンには大きく分けるとこの5つの形に分類されます。
・アイランドキッチン
・ペニンシュラキッチン
・セパレート型キッチン
・I型キッチン
・L型キッチン

この中でも家づくりで多く採用されているのが、アイランドキッチン、ペニンシュラキッチン、I型キッチンではないかと思います。

「アイランドキッチン」はキッチンと壁が接する部分がなく、文字どおりアイランド(島)のようにあるキッチンのことを指します。
オープンキッチンとも言われています。
周りがオープンなのでとても開放感があり、皆で一緒に料理を楽しむなどコミュニケーションをとるのに最適な形です。
キッチンの周りを動きやすいのも特徴の一つです。

「ペニンシュラキッチン」はアイランドキッチンに似ていますが、アイランドキッチンの左右どちらかが壁にくっついている対面キッチンのことを呼びます。
ペニンシュラは半島を意味する言葉です。左右のどちらかが壁にくっついていることからペニンシュラ(半島)キッチンと呼ばれています。
アイランドキッチンと共にはオープンキッチンと呼ばれてるペニンシュラキッチンですが、実際はペニンシュラキッチンを採用する方の方が多いかもしれません。

アイランドキッチンだとかなりのスペースが必要となりますが、ペニンシュラキッチンだと片方が壁についているので、プランニングも非常に行いやすいです。
ただ、アイランドキッチンのようにキッチンの周りをくるくる回ったりすることが出来ないので、開放感は多少犠牲になっています。
ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンより価格的にも魅力的という事もあり、開放的なおしゃれなキッチンを作りたい方に人気があるので、アイランド型より採用する方が多いのだと思います。

「I型キッチン」とはコンロからシンクまでが文字通りアルファベットのIのように横一直線に並んでいるキッチンのことです。
一般的な住宅で1番よく使われている対面キッチンと言えばこの形です。
一番のメリットは、キッチンの手元を隠すことが出来ることです。
アイランド、ペニンシュラは開放的なので作業中の手元が見えてしまいますが、キッチン前にカウンターや腰壁があるので手元を隠すことが出来ます。
腰壁がある事から、セミオープンキッチンとも言われていますね。

キッチンまわりの生活感やゴチャゴチャ感を隠すことが出来るのは嬉しいポイントかもしれません。
キッチンで作業をしていても、リビングやダイニングにいる人とコミュニケーション出来たり、お子さんの様子も見ながら作業が出来るので、対面キッチンとしての機能も果たしてくれます。
デメリットは、複数の人で料理をするときは動きにくいという部分はあるかもしれません。

ちょっと前置きが長くなりましたが、今日の本題はキッチンのLD(リビング・ダイニング)側の活用の話です。

アイランドキッチン、ペニンシュラキッチン、I型キッチンにはある共通の事があります。
それは、キッチンの背中がLD側に向いているという事です。
特にオープンキッチンのイメージだとこんな風にカウンター的な使い方を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はこのキッチンの背中、実は結構いろいろな用途、特に収納に使う事が出来るのです。

例えばLD側の背面収納は、文字通りリビングやダイニングからも距離が近いので、LD側からの使い勝手の良い収納スペースになります。また、収納に使うスペースも増加するため、LDのスペースを圧迫せずに効率的に収納を増やすことが出来ます。

LD側の背面収納にはキッチン用品だけでなく、来客用品、家族みんなで使う物を入れておくのがおすすめです。
コーヒーカップやワイングラスなど普段はあまり使わないけど、置いておく必要がある物。
文房具、リモコン、買い置きの電池、救急箱、あとは季節によっては虫刺されにおくする置き場としても便利です。
家族共有の物は、見つけやすい場所に収納しておくと、必要なときに探す手間が省けます。
また、小さなお子様のおもちゃ、絵本なども出しやすく片付けやすいので、LDの背面収納にしまっておくと便利です。

LD側収納も引き出しのタイプ

など色々なタイプがあります。

収納したいもの、収納の仕方などに応じて、ご自分に最適なプランを探して頂ければと思います。
キッチンの中で収納を設けるだけでなく、I型キッチンで造作で収納を設けるやり方もあります。
自分のオリジナルの収納を作り上げたいのでしたら、完全オリジナルな造作がおすすめです。

将来的に、家族構成や生活の変化で収納スペースの不足が想定される場合もあるかも知れません。
将来の生活スタイルも考慮に入れながら、LD側の背面収納の設置を検討して頂けたらと思います。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり
資格……………環境省うちエコ診断士・暮らし省エネマイスター・エネルギーエージェント・気密測定技能士・木構造マイスター準1級・2級建築士・福祉住環境コーディネーター2級・第1種情報処理技術者
メディア…….NHKおはよう日本 、栃木よみうり 

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
注文住宅の施工エリア:栃木県北部・那須塩原市・那須町・大田原市・矢板市・塩谷町・那珂川町・さくら市・高根沢町
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求