• フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター
営業時間:9:00-18:00

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

Vol.2 ヒートショック1位の県!栃木

いつもご覧いただきありがとうございます。那須塩原市の工務店、斎藤建設です

出典:断熱改修等による居住者の健康への影響調査

上のグラフは冬の死亡率の増加を都道府県別に比較したグラフなのですが、栃木県は冬季の死亡増加率25%増加で全国ワースト1位になっているのです。
一番少ない北海道は10%と、栃木県は実に北海道の2.5倍です。青森県も北海道に次いで2位と寒い地域での死亡増加率が低くなる傾向があります。
「健康に暮らすための住まいと住まい方エビデンス集」という書籍の中でも栃木県の脳血管障害や心疾患での死亡率がワースト1である資料が提示されています。

そして一番ショッキングなのは、安らぎの場であるはずの家の中で、交通事故で亡くなる方の4倍近い方が家の中で亡くなっているという事実です。

冬の死亡率の増加の原因でもある脳血管障害、心疾患は大きな血圧変動によるヒートショックという現象であると言われています。
ヒートショックとは暖かい部屋から寒い部屋に移動したり、寒い脱衣室で服を脱いだり、暖かい浴槽に浸かったりすることによって、血圧の大きな変動がもたらす体への負担の事を言います。ヒートショックの問題は地元栃木県の下野新聞で取り上げられ、寒い脱衣所や浴室に警鐘がならされています。

出展:下野新聞2013.2.3

ヒートショックの原因は家の中の温度差です。ヒートショックが起きない様にするためには家の中の温度差を少なくすることが大切になってきます。温度差を少なくするためには、家の基本性能である断熱性や気密性を高める事がとても重要になってきます。