• フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター
営業時間:9:00-18:00

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

気密測定の見学

いつもご覧いただきありがとうございます。那須塩原市の工務店、斎藤建設です。
斎藤建設では家づくりのいろいろな場面で、お施主様に体験して頂いたり見学して頂く機会をたくさん設けています。

先日、S様邸の気密測定が行われたのですが、お仕事のスケジュール調整をして頂いてしっかりご見学頂きました。
気密測定って?と思われた方も多いと思うのですが、気密測定とは建物の気密性能を機械を使って測定するものです。C値という言葉を着たことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、気密測定を行うとこのC値を求める事が出来ます。ちなみにC値は建物の床面積1㎡あたり何㎠の隙間があるかを表しています。
斎藤建設では、C値は0.4㎠/㎡を基準としていますので、100㎡(約30坪)の家では家全体で40㎠の隙間があるという事になります。およそ6.4㎝×6.4㎝ですから本当に小さい隙間です。

気密想定は写真の様に大きな筒を持つユニークな機械を使って測定され、家の中の空気を抜いていき外からどれだけ空気が入ってくるかで測定をしています。

この測定の様子をお施主様にも見学頂くのですが、測定が終わった後に必ず行っているのが機会をある一定の性能で動かしながら、玄関のドアが開ける事が出来るかの実験です。
結果は・・・力の強い男性の大人は何とか開けられますが、女性やお子様は開けるのはかなり困難です(玄関の鍵がかかっているわけではありません・笑)
ウソだと思うあなた、是非、体験に来てくださいね。