• フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター
営業時間:9:00-18:00

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

アクアリウムと高断熱住宅

いつもご覧いただきましてありがとうございます。栃木県那須塩原市の工務店、斎藤建設です。

皆様の中でもご自宅でアクアリウムを楽しんでいる方がいらっしゃるのではないかと思います。
アクアリウムという言葉、直訳すると水族館という意味になります。水族館のようにご自宅に設置された水槽で熱帯魚を飼育したり、また、流木、石、水草などを植栽し水景を楽しむ趣味です。
美しくレイアウトされた水槽は、泳ぐ魚を眺めたり、水に揺れる水草を眺めたりしていると、時間が経つのを忘れるぐらい本当に癒されます。



そんな素敵なアクアリウムですが、悩まされるのが水温の管理です。
冬はヒーターを入れて水を加温するのは一般的に知られているのですが、実は結構悩まされるのが夏場に、水槽の水温が上がってしまう事です。
一般的な熱帯魚と言われる魚の適正水温は22℃から28℃といわれています。ところが夏場高くなった室温の影響で水温が30℃を超えてしまう事があるのです。
人間にも熱中症があるように、魚も水草も高水温は命の危険にさらされるのです。

近年では猛暑が続き、室温が30℃を超えている環境では高水温になってしまう事は必至です。
水槽の水温が上がらない様に室温を下げるために、エアコンを多用したり、水槽用の水のクーラーを使用して水温の管理をするのですが、断熱と夏場の日射遮蔽が出来ていない家でこれをやると、エネルギーの使用量を増やすことになってしまいます。

きちんと断熱と夏場の日射遮蔽が出来た家であれば、室温が上がりにくいので、エアコンや水槽クーラーが使うエネルギー量も少なくなり、水温の管理は飛躍的に楽になるのです。
逆に冬場はヒーターで水に加温してあげる必要がある訳ですが、断熱性を高め室温の保温性を高めて、日射取得を積極的に行う事によって室温が上がりますから、ヒーターの負荷を下げることができるのです。

自然の恵みを利用させて頂きながら楽しむアクアリウム。自然への環境負荷を下げる事を考えながらアクアリウムを楽しみたいですね。