• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(水曜日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

植物を通じて子供たちに伝えたいこと

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家を造っている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

今日は子供の日ですね。
例年ですと、5月の連休には皆さんの中でもどこかにお出かけになるという方もいらっしゃると思うのですが、今年は家での生活を楽しんでいらっしゃる方が多いようですね。
SNSの投稿などを見ていると、家での生活を楽しんでいらっしゃるという方も多く世間で言われているような後ろ向きの意味でのStayHomeではなく、それぞれのご家庭で思い思いに家族との時間を前向きな気持ちで過ごしていらしゃる方がもたくさんいらしゃるようですね。

斎藤家では今年の5月連休は、草花を植えたり、ハーブを植えたり、トマトを植えたりと植物と触れ合うことをたくさん行いました。
実は子供たちに植物との関わりを持ってもらうことで、ある事を伝えたいと思っています。

斎藤はもともと、うちエコ診断士にしてもForword to 1985にしても、環境に関しての活動を行っています。
家づくりに関しても、自分たちが省エネ性の高い家を作る事で社会の中での省エネに貢献すること、また、地域の材料使うことによって、地域の森を守るといった事を大切にしています。

環境に関わった仕事をしている以上、やはり、環境に関しての興味を子供たちには持ちながら育ってほしいと思っています。

もともと斎藤も植物が好きな両親の影響で、植物を育てるのが好きになりました。薔薇を育てたりいろんな事をやってきました。
そんな、植物との向き合う生活をしていると、感覚的に気候が変わっているのがわかります。

冬の冷え込みが以前より弱くなり植物がしっかり休眠しなくなっていたり、夏場の猛者が増え植物が夏に弱ってしまったり暑いは夏越しに失敗しダメになってしまう事も多くなってきました。人間の気候に対しての感覚は曖昧なものですが、この辺に対して植物は正直です。

先日も子供たちが植えたジャガイモが芽を出したところに遅霜があり、葉っぱが痛んでしまいました。子供たちは可哀想と感じたようです。

子供たちが自分たちで植えた草花、ハーブ、トマトには子供たちの管理によって、スクスクと育ってほしいと願っています。しかし、大雨や風、台風、少雨、冷夏、日照不足などなど、これからの起きるであろう気候的事象によって、いろいろな困難が待ちかまえているかもしれません。

もちろん親としては、子供たちをサポートしながら一緒に植物を管理したいと思っていますが、一緒に天気予報を見たり、「明日風が強そうだけどトマト大丈夫かな?どうする?」などど声をかけて、あくまでも子供たちの主体性を大切にしたいと考えています。

植物を育てるという事を通して、いろいろな困難を克服することで収穫の喜びも得られます。途中のいろいろな困難に対処する事で、植物を育て食べ物を得ることの大変さも感じられるはずです。今回、植物を育てながら、植物の栽培には自然や気候というものが密接に関係していること、自然や気候に影響を与え、植物を育てることに困難に陥れるものの一つに気候変動の影響があると言うことなどを、伝えられれば良いなと思っています。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求