• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(水曜日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

窓を活用した換気の話

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家を造っている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

最近では換気の重要性への関心が高まっています。
空気の入れ替えをすると、気分がすっきりしますよね。空気を入れ替えてきれいな空気を入れる事ももちろんですが、今の時期でしたらカラッとした気持ちの良い風を家に導きいれるのもまた心地ようものです。

部屋の換気というと、窓などを開けるというイメージをされる方が多いと思いますが、効率よく換気するためには、ちょっとしたコツがあります。
今回は、窓を利用して効率よく換気ができる方法についてお話したいと思います。

風は入口しかないと、入りにくいですしうまく流れていきません。


必ず入口と出口ができるように2か所以上の窓を開けてください。
その時に大切なのは、近くの窓ではなく必ず遠くの窓を開ける事です。

近くの窓だと、部屋全体の換気が上手くきません。近い窓同士で通風(ショートカット)が行われてしまうからです。

窓の配置をあらかじめ考慮し、ウインドキャッチャーが設けられている家だと、いろいろな方向からの風をキャッチすることが出来ます。

この例だと、縦すべり窓を左右それぞれ、この開き勝手(開く向き)に取りつけると図の上方向から、そして、左右のどちらから風が吹いてきてもうまく風をキャッチすることが出来ます。

縦すべり窓でウインドキャッチャーを考える時に、開き勝手(開く方向)を逆にしてしまうと、逆に風が入りにくくなってしまうので注意が必要です。

窓が1か所しかない場合は、廊下や隣の部屋などを経由したりと、家全体で換気ができる経路を考えてください。

出口には換気扇を活用するのも方法の1つです。
この場合も、台所やトイレ、お風呂などから換気する方法を、家全体で考えてみてください。

吹き抜けなどの高窓の活用も考えましょう。
この時に、1階などの低い位置と、2階の高い位置など、高低差があると暖かい空気が上昇する性質を生かして、風はもちろん温度差による換気をすることが出来ます。

換気の回数・時間は?

換気の方法が分かったところで、どのくらいの間隔、時間で換気をしたら良いのでしょうか?
これに関しては、標準的には2時間で10分と言われていますが、1時間に5分の方がより良い空気環境を実現できるので、おすすめです。

まとめ

換気にはきれいな空気を室内に取り込むことによって、気分がスッキリしたり、いろいろな有害物質を排出したり、感染症の原因となる空気中のウィルスを少なくする役割があります。

窓を使った換気は、入口と出口をきちんと作ってあげる事で、きちんと空気が流れる道を作ることが重要となります。
そのことを意識しながら、窓を使ってうまく換気をして頂ければと思います。

家づくりをこれからする方は、ウィンドキャッチャーの考え方や、吹き抜けなどの活用した温度差換気の事もきちんと考えて頂ければ、よりよい家づくりができるのではないかと思います。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり

お電話

イベント

資料請求