• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(水曜日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

先日フィンランドへ旅してきました

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家を造っている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

先日フィンランドへ旅してきました。
まあ実際はZOOMだったのですが・・・
実は、毎年全国SW会の研修で、実際にフィンランドに行く研修が行われているのですが、今年はコロナでの状況下で実際に渡航はできないので、ZOOMで行くフィンランドの旅と題したオンライン研修が行われたのです。

フィンランド大使館のラウラさんと言う方のお話もあったのですが、フィンランドの方の日々の暮らしや、価値観、などのお話も興味深かったです。
フィンランドにも四季があるとの事で、親しみがわく要素でもあるかもしれません。

日本ではコロナの影響で自宅で過ごす時間が増え、断捨離をする方が多くいらっしゃいましたが、そもそもフィンランドには断捨離と言う言葉、考え方が無いそうです。ラウラさんのお話で一番感銘を受けたのがここです。

そもそも、フィンランドの家には捨てるものが無いそうです。
なぜなら、フィンランドの方がモノを買うときには、納得するまで考えて買う(本当に必要か?)、良いものを買い長く使う(一生使えるのか?)、という事が徹底されているからだそうです。

だからと言ってローンを組んでまで高いものを無理して買うのではなく、今は高いと感じていても、買えるその時が来るまでじっくり買う、ちょっとずつ、ちょっとずつ買い足していってその過程を楽しむ、そんな余裕が素敵な事だなと思いました。

日本には昔から「安物買いの銭失い」という言葉がありますが、どちらかと言えば日本は、大量消費に進んできました。斎藤自身の生活を振り返っても、買い急ぎと言いますか良く考えないでモノを買いそして使わなくなるまさしく「安物買いの銭失い」の生活をしていた感じがします。それで断捨離・・・本当にムダですね。

日本では暮らしの上で大切な事を、衣・食・住と表現しますが、フィンランドでは住・食・衣と表現されます。住とは家族や友人との大切な時間を過ごすという考え方からです。
大切な人と大切な時間を過ごす場所だからこそ、住の要素である家をはじめとして、手に触れる家具、椅子や器など空間を楽しくするもの全てを、とても大切にしています。

フィンランドの方の価値観、昔の日本人の教えも大切に、心のゆとりと、潤いを大切に楽しく今の生活を楽しんでいけたら、人生がもっと楽しくなる感じがします。フィンランドの方のそんな余裕が真の意味での「豊かな暮らし」そして、本当に「おうち時間」を楽しむ生活に繋がっているのかもしれませんね。そんな事を考え直すフィンランドの旅になりました。

いつかは必ずフィンランドを訪れたい、そんな気持ちが強くなりました。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求