• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(水曜日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

換気の目安となる二酸化炭素濃度

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家を造っている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

昨日の朝、NHK総合の情報番組「あさイチ」に近畿大学の岩前先生がご出演されていました。

今年は感染症対策のため、換気が大切といわれていますが、換気のタイミングが分かりにくいので、空気中の二酸化炭素濃度を指標とするものでした。

確かに換気って、空気の汚れ具合が目で見えるわけではないですし、寒いと換気そのものが億劫になってしまうかもしれません。
そんな時、Co2メーター(二酸化炭素の濃度測定器)があれば、換気のタイミングの指標となるのではという事を紹介されていました。

二酸化酸素の濃度が800ppm以下は問題なし、800pp以上~1000ppm未満、換気を意識しましょう、1000ppm以上は換気しましょうと分類されていました。
確かに斎藤の所有しているCo2メーターは1000ppm以上になるとアラームが鳴り赤いランプが点灯して警告を発してくれるので、換気のいタイミングが分かりやすいです。

という事で、ブログを書きながら自宅の仕事部屋にしている部屋のCo2濃度を計測してみました。

ご覧ください!なんと結果は1565ppm、すでに1000ppmを超えています(^^;)
寒いですが、窓を開けて換気しながら、ブログを書いていますがなかなかCo2濃度が下がりません。
斎藤が大量の二酸化炭素を排出しているという疑惑もありますが、部屋が小さいのも影響が大きそうです。
ちなみに屋外で計測したら400ppm台でしたので、機械の故障はなさそうです。
もう少しいろいろな部屋で意識的に計測して、実験を積み重ねて理解を深めたいと思います。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求