• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(水曜日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

お疲れ様でしたMacBook Pro Retina 13 Late2013

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家を造っている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

今日のブログはパソコンの話です。
斎藤は、ほぼメインマシンとしてMacBook Pro Retina 13 Late2013を使ってきました。もう、7年以上前のモデルです。
8年近くの間、毎日毎日、一緒にいました。

思い返してみると、出張も色々なところに一緒に行きましたし、セミナーも、ZOOMなどのオンラインミーティングも、事務作業も、CAD作業も、イベントも、このMacと一緒に行ってきました。
SNSやメールのやりとりなど、お客様とのコミュニケーションもこのMacで行いました。
皆さんに読んでいただいているブログも、ほとんどの記事をこのMacで書きました。

購入当時はメモリは16GB、SSDは1TBのてんこ盛り、CPUはcore i7にグレードアップしました。
core i7 と言っても2コア4スレッドのモデルなので、流石に最新OSで運用するのは厳しくなってきました。
ブラウザの動作やPowerPointなどのofficeアプリも最近ではかなりモッサリしています。

実は斎藤、SSDは2つに分けて半分をMacOSで半分はWindows10が動く様にしています。
メインで使っている3DCADのアーキトレンド、家の燃費やエネルギー消費量を計算しているエネルギーパス、家の温度のシミュレーションをする1985シミュレーターなどのソフトはWindowsでしか動かないので、Windowsが動く事が必須なのです。

買い替えを考え始めていたのですが、AppleからはMacのCPUをこれまでのintelから自社製に切り替えるとのアナウンスが・・・これが大問題なのです。
なぜならAppleの自社プロセッサはArmアーキテクチャと言われているもので、これまでのintelプロセッサとはアーキテクチャが異なります。そのためBoot CampというMacでWindowsを動かす仕組みが使えないのです。

Macのアルミ削り出しのボディは、手触りの良さなど性能以外の部分でも「所有する事の満足感」がありました。
Macからの卒業を見越して機種の選定をしていたのですが、Macのアルミ削り出しのボディを知ってしまうとなかなかWindowsのノートPCに「所有する事の満足感」を得られる機種が見つかりませんでした。

そんな中、これなら所有しても良いかなと思えるWindowsのノートPCに出会いました。
明日、その新しいWindowsのノートPCが届きます。このMacも手放すわけではないですし、少しずつ環境を整えて移行していかななければならないので、一気に変わるわけではないのですが何だか寂しさを感じてしまいます。

かつてはパッシブハウスジャパンの建物燃費ナビをこのMacで動かしていましたし、初めてのゼロエネルギー住宅の設計や計算を行ったのもこのMac、構造の計算を始めたのもこのMac、本当にたくさんのことをこのMacで学ばせてもらいました。

このMacから本当に教えられたのは、「所有する事の満足感」だったのではと思います。本音で言ってしまえばWindows機の方が良い性能のものを得る事ができます。
とかく現代の家づくりでは、性能の事を中心に関心が高くなっています。性能はもちろん大切なことなのですが、五感で感じる部分もとても大切なことだと思います。
「所有する事の満足感」、パソコンなのに「一緒にいるという感覚」これらのプライスレスな部分をこのMacには教えられた気がします。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求