• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(水曜日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

今日は杉の外壁材の塗装を頑張りました~ウッドロングエコ

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家づくりをしている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

今日は「幸せを運ぶ家」に使う杉の外壁材の塗装を行いました。
いつもは大工さんにやっていただいているのですが、大工さんには大工さんしかできない仕事をやっていただきましょうという事で、斎藤が頑張りました(^^)

斎藤建設は建物の外部で木材を使うときには「ウッドロングエコ」という名前の木材保護材を使っています。
一般的にはよく「キシラデコール」という塗料が外部の木部の塗装には使われていますが、なんと言っても「ウッドロングエコ」の特徴は「粉」の状態で届くということです。

ウッドロングエコを注文すると、こんなパッケージで届きます。生成りの布の巾着袋みたいなものに入っています。
中身はこんな感じの「粉」です。

あ、粉と言っても危ないクスリの粉じゃありませんのでご安心ください(笑)
カナダで作られているウッドロングエコ、酸化鉄やハーブなどの天然の成分から作られています。
有害な成分が含まれていないので、土壌汚染などを引き起こさない安全な木材保護剤です。


ウッドロングエコは粉なので水に溶かして木材に塗っていきます。


ウッドロングエコは色がつくわけではないので、塗っている最中は水を塗っているような感覚なので、どこを塗ったのか、あるいは、まだ塗っていないのかが非常に分かり難いです。


塗り終えてしばらく時間がたつと、だんだん色が変わってきます。杉だと最初はグレーっぽくなります。写真の右の方は塗ってからあまり時間がたっていません。左側のものと比べてみると左側の方が大分色が濃くグレーっぽくなっているのがお分かりいただけますでしょうか。
写真だと分かり難いのですが、肉眼で見ると大分色の差が分かります。

ウッドロングエコを塗った杉の外壁材。貼った後もどんどん色が変わり、いろいろな表情を見せてくれます。
杉材に、塗料の色を付けないウッドロングエコで仕上た外壁、色の変化を楽しめるという特徴が、自然素材を使う最大の醍醐味です。

丸一日かけて約60枚の塗装作業でしたが、しゃがんだり、立ったり、スクワット状態が続いたので、筋肉痛になったには内緒です(笑)
現場に貼られるのがすごく楽しみです。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり
資格……………環境省うちエコ診断士・暮らし省エネマイスター・エネルギーエージェント・気密測定技能士・木構造マイスター準1級・2級建築士・福祉住環境コーディネーター2級・第1種情報処理技術者
メディア…….NHKおはよう日本 、栃木よみうり 

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
注文住宅の施工エリア:栃木県北部・那須塩原市・那須町・大田原市・矢板市・塩谷町・那珂川町・さくら市・高根沢町
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求