• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(水曜日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

今日は気密測定でした~大切なので全棟気密測定を行っています。

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家を造っている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

今日は那須町で家づくりをしている「ピアノ室のある平屋の家」の気密測定が行われました。
斎藤建設では造らせて頂いている全ての家で気密測定を行っております。
気密測定の目的はきちんと気密が取れているか確認するためですから、全棟行うことがとても大切なのです。

気密測定は下の写真ような機械を使って、室内の空気をファンで外に吸出す減圧法という方法で測定します。
余談ですが建物の中に空気を送って加圧して気密性を測定する加圧法という測定方法もあるのですが、日本では減圧法が主流になっています。

実は今回の気密測定、測定1回目の途中では風量が安定していなかったので心配しながら見守っていたのですが、やっぱりと言った感じでエラーで測定が停止してしまい測定できませんでした。
「風の影響?」と考えましたが、風速も問題になるほどではありませんでした。
「何で?」という状態だったのですが、建物が大きかったので測定1回目では径の太い計測用の筒を取り付けて測定したのですが、それを疑って、測定機に径の細い計測用の筒を取り付けて再測定しました。

測定中2回目ではディスプレイの数表が段階的に上がっていくのが確認できました。
これなら大丈夫だなと思いながら見ていましたが、それにしても風量が少ないので、もしかしたら好結果が出るかもと期待が膨らみます(笑)
測定が終わり、出た結果はC値=0.11C㎡/㎡。十分に素晴らしい結果です。
自社の目標にしている基準が0.4C㎡/㎡としているため、一発でOK測定終了となりました。

以前にも経験がありますが、測定結果が0.1C㎡/㎡付近になると、径の細い計測用の筒じゃないと測定が出来ないようです。
ちなみに「ピアノ室のある平屋の家」の隙間をすべて集めたとすると4.2㎝×4.2㎝の四角形ぐらいになります。


隙間特性値(n値)も1.29と1.5より小さいので文句無い値ですし、グラフも点が直線上にきれいに並んでおり、文句のない測定結果でした。
ちなみに隙間特性値(n値)は1から2の間に収まる値で、1に近い方が小さな隙間が散らばっている、2に近いと大きな穴がどこかにあると判断されます。

グラフも点の位置が直線状にきれいに並んでいる状態で、測定品質からも文句なしの測定です。

こちらのブログでも何度も書かせていただいていますが、高断熱を目指すのであれば、気密は絶対にセットで必須なものです。
いくらダウンコートを着ていても、前側をボタンや、ファスナーで閉めていなければ風が入り込み暖かくないですよね。

気密の施工をしたら、気密測定を行ってきちんと気密がとれているか確認することが大切です。
全ての建物で気密測定を行っていると、気密のノウハウが蓄積され今日の測定のように、手直しや再測定なしで1発OKになります。
気密は目には見えませんので、やったつもりでも実際には気密処理が不完全であるという事も実際には発生します。
だから、気密測定を必ず行って気密が取れているかを確認する事がとても大切なのです。

Ua値やηAH値、ηAC値、C値などの家の省エネに関わる値がいろいろありますが、実際に現場で測定することによって得られるのは、気密性を表すC値のみです。そのほかの数値は計算によって求めることになります。

気密性を表すC値や気密測定にも是非注目してくださいね。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求