• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(第3日曜日 土日以外の祝日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

建て得で栃木県にメガソーラー8か所分の発電所

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家づくりをしている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

東京電力エナジーパートナーとLIXILで設立した株式会社 LIXIL TEPCO スマートパートナーズ(LTSP)。
このLTSP社で提供しているのが「建て得」という太陽光発電のサービスです。
「建て得」にもいろいろな種類のサービスがありますが、中でも中心的なサービスが「建て得バリュー」と呼ばれる実質0円で新築住宅に太陽光発電を設置できるというサービスです。いわゆる「0円太陽光」です。

LIXILの太陽光担当で宇都宮に常駐し栃木県を担当していたKさんが、関西に転勤されるという事で本日ご挨拶に来て下さったのですが、その時にこんな話を伺いました。
「建て得」が始まって約4年。その4年の間に「建て得」を使ったおよそ800棟のZEH住宅が建設されたとの事です。
800棟の平均の太陽光発電搭載量は10.6KWだそうで、800棟の合計の太陽光発電搭載量は8,480KWつまり8.48MW(M=メガ)という搭載量となります。

出力が1MW以上の太陽光発電所をメガソーラーなどと称していますが、簡単に言ってしまえば「建て得」は栃木県で8か所のメガソーラーを設置したような感じです。
1件1件の容量は小さくても、数が集まれば大きな力となる典型的な例です。
山林を切り開いたり、雑木林を伐採したりと自然破壊を伴ったりするので、メガソーラーなど野立ての太陽光は何かとイメージが悪くなりがちですが、「建て得」は自然破壊をしなくても、みんなで力を合わせてメガソーラーを構築する事ができたのです。

東京大学大学院の前先生も、タスクフォースなど、いろいろな場面で住宅の屋根のポテンシャルの高さのお話をされていました。
今回のデータはまさしくそれを裏付けるものとなりました。

斎藤建設でも太陽光を搭載していない家は、このところ建てていません。100%太陽光発電搭載でZEHを実現しています。
そして太陽光発電搭載のための原資は90%以上が「建て得」です。

ZEHに関しては、国で義務化するとかしないとかの議論がなされていましたが、義務化なんかされなくても民間レベルではいろいろなサービスが考え出され展開されて、普及していくんだなと改めて思いました。
ただ、「建て得」のようなサービス継続に売電単価が大きく影響しています。
2022年度は17円と公表されていますが、売電単価が下落していけば事業として継続が出来なくなります。

「建て得」が太陽光発電普及のスピードを押し上げる事に一役買っていることは間違いありません。
カーボンニュートラルの観点だけでなく、ウクライナ問題の影響による、エネルギーの安全保障の観点からも、太陽光発電はこれまで以上に重要なものになってきています。
太陽光発電の普及のスピードを低下させないためにも、「建て得」はじめ0円太陽光の安定的かつ継続的な事業展開が望まれます。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり
資格……………環境省うちエコ診断士・暮らし省エネマイスター・エネルギーエージェント・気密測定技能士・木構造マイスター準1級・2級建築士・福祉住環境コーディネーター2級・第1種情報処理技術者
メディア…….NHKおはよう日本 、栃木よみうり 

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
注文住宅の施工エリア:栃木県北部・那須塩原市・那須町・大田原市・矢板市・塩谷町・那珂川町・さくら市・高根沢町
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求