• フェイスブック
  • インスタグラム
  • ツイッター
営業時間:9:00-18:00

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

夏の一日の快適な過ごし方

いつもご覧いただきありがとうございます。那須塩原市の工務店、斎藤建設です。



今日は「夏の一日の快適な過ごし方」というテーマでお話させて頂きます。
よく聞かれることの一つに、「夏は高気密高断熱住宅では窓を開けて生活しない方が良いんですよね?」という暮らし方の質問があります。
この質問の答えはYesでもありNoでもあります。

例えば朝から良い天気で気温がぐんぐん上がり、外気温が室温によりも上がり始めたら窓を閉めて外の暑い空気を室内に入れない様にします。

昼間に重要になってくるのが日よけです。昔から使われている「すだれ」や、最近一般的になってきたグリーンカーテンが活躍します。
これらの日よけを活用することによって、部屋に日の光が入り込んで部屋の温度が暑くなることを緩和します。

夕方になって、外気温が室温より下がり始めたら窓を開けて風を通します。風を通すことによって建物そのものの温度が下がり、翌日室温が上がるのを緩和するのに役立ちます。これをちょっとカッコよく言うとナイトパージと言っています。

こうやって見ていくと、自然の力を最大限に活用するために、「窓は開けたり閉めたり調節しながら生活しましょう」というのが、窓の正しい使い方なのではと思います。

エアコンの使い方の質問も多いですが、外気温が上がってきたら昼間窓を閉めて外の暑い空気を入れない状況になったら、積極的に使って頂いて良いと思います。
日よけの工夫や断熱、気密性がしっかりしている家であれば、エアコンの温度設定によっては全く動作しない、または非常に弱運転で済んでしまうことも考えられます。
何より、エアコンの活用により家の中の温度が上がらない状況を作っておくことによって、夕方、外気温が下がり始めて窓を開けた時に、いち早く快適な室内環境に近づくことができるのです。

私たちの県北地方、特に那須や那須塩原市の比較的北のエリアでは、よほどのことが無い限り、夕方から外気温が下がるので、まだまだこんな窓の使い方ができると思います。
ただ、熱帯夜の日も増えていますから、こんな時は睡眠不足にならない様に積極的にエアコンを活用して頂ければと思います。