• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(水曜日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

セカンドハウスから移住・二拠点生活のための家づくり

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家を造っている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

最近、首都圏にお住まいの方からの、お問い合わせ、資料請求、面談、ご相談が増えています。
以前からもセカンドハウス(別荘)としてのお問い合わせを頂き、数多くの物件を作らせて頂いてきましたが、現在は単なるセカンドハウスというより、移住や二拠点生活、将来の移住を見据えた形でのご相談が多くなっています。

夏ごろ、中古の住宅や別荘を扱っている不動産屋さんとお話した時に、那須塩原や那須では中古の物件が不足していて、問い合わせがあっても案内する物件が無いとお話されていました。
感染症の感染拡大防止のための緊急事態宣言の時に、本当に窮屈な思いをされた方が多く、地方でのびのびと暮らしたいと思った方が増えたようです。

この数カ月の間に、テレワークなど仕事の環境、生活そのものへの価値観が変わり、住む場所、地域に関しても「何がなんでも東京でなくてはならない」という価値観からの変化が感じられます。
そこに中古の物件が見つからないという条件が重なって、新築と言う選択肢も生まれてきたようです。

斎藤建設の別荘のオーナー様の中でも、リビング前にデッキの設置のご依頼をいただいたり、ネットの環境を整えたり、那須で快適にテレワーク環境を整える方もいらっしゃいます。
前日の不動産屋さんもおっしゃってましたが、売りに出していた物件を取りやめて、環境整備をしてもう一を活用されている方も実際増えているようです。

仕事もテレワークと言う方が多いですが、お話を伺っていると週に2~3日の出社の方や、最近ではトラブルや緊急の用件が発生した時のみで、週に一度も会社に出社しない会社もあるようです。
そんな社会的状況もあり、那須塩原駅という新幹線の駅が使え首都圏へのアクセスも容易、田舎暮らしもできて観光地・避暑地である那須も近い那須塩原に多くの方が興味を持っていただいているようです。
先日の面談でも話題になりましたが、ほとんど会社に行かなくて良いなら移住もできてしまいます。いざという時には、東京駅まで1時間ちょっとで行けてしまいますから。

色々な価値観が、猛スピードで変わっているようです。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求