• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(水曜日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

新築が性能いいのは当たり前!古い家に住んでいる人にも暖かい暮らしを届けよう!

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家を造っている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

「新築が性能いいのは当たり前!古い家に住んでいる人にも暖かい暮らしを届けよう!」
長いブログのタイトルですが、実は今日は、私たちが加盟しているSW工法にリフォームバージョンが追加され、その勉強会が開催されました。
その中で、東京大学大学院の前准教授の基調講演があったのですが、その中のスライドの一節です。

私たちは、普段は新築においては断熱性や気密性を高めた家を造っています。お客様も性能を高めた家づくりをご希望の方が確実に増えています。
ところが、前先生のお話にもこんなスライドがありましたが、リフォームにおいて断熱改修をご希望される方は非常に少ないです。

日頃リフォームの相談をお受けしていますが、斎藤から断熱改修のご提案はさせて頂くのですが、お客様の方から断熱改修をご希望される方はなかなかいらっしゃいません。

断熱改修が一般化しない理由にもいろいろありますが、このスライド用に「今の家が寒い」という悩みがありながらも「どうしようもないんじゃ?」というあきらめや、そもそも「解決できる方法がある」という事を知らないという理由もあるのではと思います。

断熱改修が一般化しないもう一つの理由には、断熱改修は工事が大掛かりになるという事です。
断熱材は壁の中や天井の中など、見えないところに入っています。断熱の強化を図るという事は、壁を壊したり、天井を壊したりする必要があるので、工事が大掛かりなものとなり、暮しながらの改修が大変だったり、仮住まいが必要になるといった事も断熱改修が一般化しない理由だと思います。

今回スーパーウォール工法のランナップに加わったスーパーウォールリフォームは、建物の外側から断熱改修を行う工法で、基本的に家で生活をしながらの断熱改修を行う事も可能です。
暖かい家に住むことは、ヒートショックを防いだり健康の観点からもとても大切な事です。
断熱改修をすることで、古い家に住んでいる人にも暖かい暮らしを届けることが出来るようになります。
冬季の死亡率の増加がワーストワンの栃木県。断熱改修でこの汚名を返上するとともに、古い家にお住まいの方も多くの方が暖かく健康な暮らしを手に入れて頂きたいと思います。
断熱改修やリフォームでより快適な生活を手に入れたい方は、ぜひ断熱オタクの斎藤にご相談ください。

最後に・・・前先生はセミナーで「熱画像(サーカメラの画像)はつまらないほうが良い」といつもおっしゃっています。

右側の二つの画像は断熱改修後の物ですが、左の2枚の断熱改修前の物と比べて、色がほとんど黄色とオレンジ色(=温度差が少ない)で「つまらない」画像になっています。
みなさんの家も、「つまらない」熱画像の家を目指しましょう!。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求