• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(水曜日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

ヘリンボーンの床

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家づくりをしている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

皆さんはヘリンボーンという言葉を聞いたことがありますか?
ヘリンボーンはスーツなどの生地にの織り方にもありますが、住宅の世界では床や壁などの板やタイルの貼り方のデザインに用いられています。
床に用いられた例だとこんな感じになります。

屋が重なったような、あるがアルファベットのWが連なったような、とても存在感のあるデザインです。

ヘリンボーンの床材を使いたいというご要望があり、サンプルを手配しておいたものが先日届きました。

サンプルを手に取ると、なんだか楽しくなってしまい、一人ニヤニヤ事務所で部屋の仕上がりをイメージしながら並べてみました。
今回取り寄せたサンプルはアカシアとブラックウォールナットです。
上の写真だと左側の2枚がアカシア、右側の2枚がブラックウォールナットです。
オイルを塗って仕上げるのですが、どちらもそれぞれの良さがありすごく悩みます。
お客様のイメージを伺いながら、決めていこうと思います。

ちなみにヘリンボーンの仕上げをする場合は、40センチくらいの長さの床板を組み合わせながら、1枚1枚貼っていきます。
床の仕上げの方法の中でもとてもとても手間のかかる仕上げ方法です。だから仕上がった時の楽しみは、大工さんにとっても半端なく大きなものになります。

ちなみに、ヘリンボーンという言葉何を意味しているかご存じですか?
直訳すると・・・

この魚(ヘリン)の骨(ボーン)という意味なのですが、お正月には欠かせないあの食材に関係するお魚です。

お正月に欠かせない食材と言えば、こちら、数の子です。
数の子はニシンの卵から作られるのですが、ヘリン(herring)とはニシンの事なのです。
「ニシンの骨」です。


確かにヘリンボーンのデザイン、魚の骨に似てますね。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求