• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(水曜日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

工場に八溝杉の外壁材が届きました~外壁での杉材の使い方

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家づくりをしている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

昨日、工場に「幸せを運ぶ家」の現場で使うあるものが届きました。
その、あるものとは八溝杉の外壁材です。

外壁材に杉材?耐久性は大丈夫?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、使い方、施工方法、使う材料をしっかり吟味すれば問題なく使うことができます。
問題ないというよりも、むしろ、経年変化を楽しんでいただくことができます。

杉の無垢材を外壁材として使うときには斎藤建設ではルールを定めています。
基本的に軒を作る。雨に濡れたからと言ってすぐに傷んでしまうという事はありませんが、軒がない建物では外壁を伝って流れる水の量がどうしても多くなってしまいます。
そのため、屋根の軒を出すことで雨天時に常に杉の外壁を水が伝って流れるのを防ぐようにします。
軒のない建物はどうするのかというと、軒がない部分は基本的にガルバニウム鋼板の外壁材を使います。じゃあ杉はどこに使うの?というと、バルコニーやウッドデッキの部分などが、基本的には屋根がかかるプランにしているので、水にぬれにくい、屋根がかかっている部分に杉材の外壁材を使います。

後は大切なのは、杉のどの部分を使うかという事です。
杉には白太と呼ばれる白っぽい部分と、赤身とよぼれている赤みを持った部分があります。
赤身は木の中心部分に存在していて、どちらかというと古い部分でぎゅっとしまっている部分です。
そのため、水も通しにくく白太と比べると硬く耐久性が高いです。

使い材料をしっかり吟味と書きましたが、外壁など外回りに使うときには赤身の部分を選択することがとても大切なんです。
(余談ですが、バルコニーやウッドデッキも耐久性に優れる赤身の部分を使っています。)
古いお寺や神社にも、杉材が使われています。それをイメージして頂くと杉材のタフさがお分かりいただけるのではないかと思います。

杉の外壁材、色がどんどん変わっていくので、いろいろな表情を楽しむことができます。
一般的な建材は経年劣化と言われていますが、無垢の材料の経年変化を楽しんでいただければと思います。

工場に届いた杉の外壁材は、ウッドロングエコと呼ばれる自然に優しい木材の保護材を塗布してから現場に搬入されます。
ウッドロングエコの話は実際に作業したときに、また書かせていただきます。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり
資格……………環境省うちエコ診断士・暮らし省エネマイスター・エネルギーエージェント・気密測定技能士・木構造マイスター準1級・2級建築士・福祉住環境コーディネーター2級・第1種情報処理技術者
メディア…….NHKおはよう日本 、栃木よみうり 

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
注文住宅の施工エリア:栃木県北部・那須塩原市・那須町・大田原市・矢板市・塩谷町・那珂川町・さくら市・高根沢町
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求