• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(第3日曜日 土日以外の祝日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

戸田地区での家づくり~外壁の下地工事が始まりました

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家づくりをしている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

那須塩原市の戸田地区で行われている家づくり、外壁工事が始まりました。
厳密に言うと、外壁の下の通気胴縁を組む、外壁の下地工事を行っています。

通気胴縁は外壁を支持する役割はもちろんですが、外壁の内側を通気させることで湿気を抜き、躯体の耐久性を高めたり、また、太陽の熱が外壁に当たって外壁の温度が上がった場合も、通気層があることで温度が躯体の方に伝わっていくことを防ぐ緩衝帯の役割を果たします。

今回の外壁材はガルバニウム鋼板を建て使いするのですが、この場合は胴縁は横に入れる形になります。
(逆に外壁を横に使う時は胴縁を縦に取り付けます)
胴縁が縦の場合は、空気がそのまま上に上がっていけるので問題なのですが、通気胴縁が横場合は上に上がっていこうとする空気を止めてしまうので、通気することができません。

そこで、エアホールと呼ばれるかまぼこ型に加工された穴を持つ通気胴縁材を使うのですが、どうしても、穴の部分が狭くなるので、その部分で通期のボトルネックが発生してしまいます。
そこで、先輩工務店の社長様に教えて頂いた方法が、通気胴縁を先に縦に取り付けて、その上に外壁の支持のための通気胴縁を横に取り付ける方法です。
これだと、通気層の厚みも十分確保され効率的な通気が行えるのです。

この方法は手間も、材料も必要になるのですが、外壁の職人さんも「このやり方はいいね」と言って頑張って施工して下さっています。
外壁材の施工が始まるのが楽しみです。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり
資格……………環境省うちエコ診断士・暮らし省エネマイスター・エネルギーエージェント・気密測定技能士・木構造マイスター準1級・2級建築士・福祉住環境コーディネーター2級・第1種情報処理技術者
メディア…….NHKおはよう日本 、栃木よみうり 

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
注文住宅の施工エリア:栃木県北部・那須塩原市・那須町・大田原市・矢板市・塩谷町・那珂川町・さくら市・高根沢町
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求