• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(水曜日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

ピアノ室のある平屋の家・墨付けが始まりました

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家を造っている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

ピアノ室のある平屋の家で使う木材が工場に搬入されました。
構造的に必要と判断された箇所は一部で集成材を使いますが、ほとんどの材料が地元の八溝杉、もしくは檜を使います。
なので、今、たくさんの材料が工場にあります。

それらの材料に対して大工さんは工場で墨付けと呼ばれる作業を行っています。
墨付けに関しては、このブログで何度かお話しさせていただいていますが、簡単に言うと「墨付け」と言う作業は、家の構造材になる材木に寸法通りの記号やしるし等を付けて行く作業の事を言います。

墨付けによって付けられたしるしや記号を基に「刻み」と言う材木に加工をして行く作業を行うのでとても重要な作業です。
墨付けが間違っていると家が建たなくなってしまいますから・・・

余談ですが、以前は実家の敷地の中に作業場がありました。
小学校から帰ると両親よりも先に大工さんたちに挨拶するようなそんな環境で育ちました。

今やってる「墨付け」もよく見ていた光景です。
昔は刻みも今のように機械を使わずに、ノミなどを使って1つづつ加工を行っていました。
次から次へと手作業によって仕口が生まれてくるのが、子供の目には新鮮に映っていました。

今では、構造材の加工を行うプレカット工場で、墨付けから刻みまで行ってしまうため、大工さんが「墨付け」や「刻み」を多なうことは少なくなってしまいましたが、残ってほしい、逆に言えば残さなくてはならない技術だと思います。

今回の担当の大工さんは斎藤と同級生。
土間のコンクリートが冷えて底冷えのする季節ですが、安全第一で作業を進めて頂きたいと思います。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求