• フェイスブック
  • インスタグラム
営業時間:9:00-17:00 定休日(水曜日)

Blog

ブログ

ブログ
資料請求・お問い合わせ

敷地調査~太陽の恩恵を最大限活用するために太陽を見える化

いつもご覧いただきありがとうございます。地元の材料を使って快適で省エネな家づくりをしている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。

昨日は、大田原市内で家づくりを計画している敷地の調査を行いました。
今回の計画は立て替えなのですが、解体前には調査を行っていましたが、解体後に行うことでより正確な調査が行うことができます。
特に隣家の窓の位置などは、障害物のなくなった解体後の方が良く分かります。

いつものように敷地の方位から確認していきます。
これまでは、アナログな方位磁石で調査してきましたが、iPhoneが新しくした事でコンパスアプリの精度が良くなったので、今回からiPhoneでの調査になりました。
今まで使っていたiPhoneは磁石を使っていたケースに入れていたので、それが原因で正しい方位が表示されていなかったようです。
また、iPhoneのコンパスアプリは表示を「真北」にできるので便利です。

聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、「北」と言っても「磁北」と「真北」の2種類があるんです。
「磁北」は文字通り方位磁石(コンパス)が指し示す北の方向、「真北」は北極点の方向を指しています。
日本では、「真北」に対して「磁北」は西に少しずれています。大田原では国土地理院の地図を確認すると約8°西にずれていることが分かります。

ちなみに地図の上は北で「真北」を表しています。建築の図面でも北は「真北」として扱います。
余談ですが、飛行機のコックピットの計器は「磁北」だそうです。

本題にもどして・・・敷地の方位、南側の道路境界線と、北側の隣地境界線で確認してみました。
南側の道路境界線側はビックリするくらい真南ですが、北側は西側に30°西に向いていて変形した敷地なので敷地のスペースの有用利用と、効率の良い日射の取得、2つの両立を検討する必要がありそうです。

南側道路境界線は南北と東西の線が直交しています

 

対して北側の隣地境界線は30°西に傾いています

もうひとつ敷地の調査で大切なのが、太陽の動きを読むという事です。
太陽の動きを読むとは、敷地に対して近隣の建物や構造物、立ち木などが敷地の日照にどのような影響があるかを確認する事です。
以前でしたら、日影図を書いたりと大変でしたが、今はスマホのAR技術を使ったアプリで簡単に確認する事ができます。


このアプリでは、調べたい方にスマホのカメラを向けると、実施の景色に太陽の軌跡が重ねて表示されます。だから、太陽が遮るものがないかどうかを簡単に調べることができるのです。
この画像は冬至のころの正午の太陽の位置を表しています。幸い南側には高い建物が無いので、日照には影響がないのが分かります。


西側の方(日没時間に近い)にカメラを向けると、15hと表示されている太陽の位置、つまり午後3時ごろから近隣の建物の影響が出てくるのが分かります。
水平の線が日没のラインなので、15時以降は日没まで日射が期待できないことが分かります。


ちなみに夏至の日の正午です。
北極点が見えるぐらい太陽高度が高い事が分かります。


夏至の日の夕方です。
自分が立っている位置からかなり後ろ側に振り向いて撮影しました。
夏至は大げさに言うと、北から太陽が昇って北に沈むなんて言われていますが、まさしくそのような感じです。
だから、北側の窓のガラスも日射遮蔽の対策が必要なんです。

パッシブデザインに重要な日照。文明の利器で、今は実際の景色に太陽の軌跡を合成することが簡単にできるようになりました。
今回ご紹介した画像は、夏至と冬至ですが、日付を設定することで、あらゆる季節の太陽の動きを調べることができます。
今回の敷地は条件に恵まれていましたが、立ち木や、大きな建物に囲まれている敷地をご検討の際は、日当たりの良い土地の購入のために調査のお手伝いをしますので、是非お声かけ下さい。

このブログを書いた人
 斎藤賢一
家族…………..妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ
楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること
………………….自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します)
特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。お子さんと仲良くなれる。
仕事……………斎藤建設の社長・家づくり
資格……………環境省うちエコ診断士・暮らし省エネマイスター・エネルギーエージェント・気密測定技能士・木構造マイスター準1級・2級建築士・福祉住環境コーディネーター2級・第1種情報処理技術者
メディア…….NHKおはよう日本 、栃木よみうり 

小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに

私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。
注文住宅の施工エリア:栃木県北部・那須塩原市・那須町・大田原市・矢板市・塩谷町・那珂川町・さくら市・高根沢町
斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。

那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

お電話

イベント

資料請求